ヨガってインドだよね?なんで中医学なの?

と、たまに聞かれるのでお答えします

Noriko
こんにちは。ヨガインストラクターのNorikoですよ

ヨガはインドの叡智 アーユルヴェーダの一部

そうです。
皆さんご存知のように、ヨガはインドが発祥です。
宗教とは関係なく、「生命の科学」であるアーユルヴェーダに含まれると思っています。

ところで、「アーユルヴェーダ」も日本ではまだエステの一種だと思われている方もいるかもしれないけど、おでこにオイルをタラタラ流すシロダーラは、脳のストレスを取るアーユルヴェーダの施術の一つで、アーユルヴェーダという言葉は「生命の科学」というような意味なのです。

シロダーラはめちゃくちゃ気持ちがいいので、それなりのお店でぜひ受けてみてくださいね。
話がそれましたが、シロダーラがアーユルヴェーダの施術の一つであるように、その健康であるための生き方の一つに「ヨガ」があるのです。

わたしはヨガをちゃんとやる前に、アーユルヴェーダに興味を持ちました。
最初は本を読んだり、ネットから情報を得たりしていたんだけど、当時は今より情報が少なくて、物足りなくなり、今はなくなっちゃった名古屋のアーユルヴェーダのサロンに時々通ってアヴィヤンガを受けたり、アーユルヴェーダのことをいろいろ教えてもらってました。
7、8年前のことですなー。

そのときは、精神的に弱っていたこともあって、自分がヨガをやるとは思っていなかったのだから、わからんもんです。
インドに行きたいなーとは思ってました♪

それで、アーユルヴェーダは素晴らしいんだけど、時々「?」が浮かぶんですよ。
特に食べ物がわたしはしっくり来なかったんだけど、そもそも、インドと日本では気候が違いすぎるので、昔から食べて来た食物が違います。
それから、人種というかカラダそのものも違うし、文化も近くて遠いというか、同じアジアとはいえ違和感を感じる部分も多々あるんです。
インドで痛感しましたが!

そんな中、アンシー先生のストレッチヨガに出会いました。

中国と日本はなんだかんだ言っても共通点が多いのです


経絡をストレッチして、体調を整えるというのがまず好きなのですが、中医学を学べば学ぶほど、日本と中国の文化的なつながりに気がつきます。
仏教にしろ、中医学にしろ、隋の時代から日本人は中国から命がけで知識を輸入してきたんです。

全ての大元に陰陽論、五行説があり、ゆるやかに現在まで流れている。
それを思うと、しっくりくるのは当たり前です。

中国と言ってもものすごく広いので、日本とは全く違う気候の場所も、人種的にもだいぶ違う人もいると思うんだけど、日本に近い場所は四季があったり、雨も適度に降ったり、同じような文化を受け継いできていると感じます。

中医学の薬膳、食べ物の教えもすんなりと受け入れやすいんです。
日本人のカラダにはアーユルヴェーダよりも、中医学のほうがあっているのではないかと思います。

少なくとも、わたしには合っているので、中医学の考え方を優先的に採用してます。

でもアーユルヴェーダも好きですよ♪
本場でアヴィアンガ受けたいなーと思ってます!

いつも言ってますが、正しいか正しくないかではなくて、どちらも正しいと捉えて、どっちが好きか、どっちが自分に合うかを身体で確認しましょうね!
誰が言ったとかも関係ありませんよ!!

わたしのヨガセラピー体験セッションへの予約はこちらまたはinfo@yogaspacekuu.comまで

ヨガ・ハーブテント
岐阜・大垣 Yoga Space Kuu【サロン営業時間】 9:30~21:30 日曜定休
ご予約、お問い合わせはこちら
または
メール:info@yogaspacekuu.com
LINE@:ID:@sxk7673m
友だち追加
電話:090-9824-0831
(施術中、レッスン中は電話に出られませんのでご了承ください
メッセージを残していただくか、メールかLINEにてご連絡ください。)










ABOUTこの記事をかいた人

Noriko

ヨガインストラクター ナチュラリスト・ライフスタイルアドバイザー ゆとりあるストレスフリーな生き方を望む方へ ココロとカラダをゆるめてバランスを整えてワンランク上のゆるハピライフへ導きます