本当はできれば半裸で過ごしたい(前世からの嗜好)ー紫外線とのおつきあい

Noriko
梅雨あけたっぽいですね。チャリが厳しい季節になりました

わたしのはこどもらの使い古したママチャリですが

市内の移動は中学生並みに自転車な今日この頃
スクワットの効果もあってか、自転車がすいすい進みます
が、しかし

暑いです

暑さには割と強いんですが、35℃超えたら自転車移動もやめようかな
やっぱ中学生じゃないんで
体に悪い気がするわ


さて。

世の中の女子の皆さんは、夏(と言わず年中)紫外線対策をされていると思います

紫外線っていうやつは、浴びすぎると皮膚がんになるとか、しわが増えるとか、しみになるとか、とにかく悪者なイメージですよね
どれも本当なので、お肌が大事な人は紫外線対策をきっちりした方がいいです
最近は紫外線過敏症とか日光アレルギーとかの人もけっこう聞くので、「日焼け止めに長袖に日傘」みたいな完璧防護服で外出する人もいるでしょうね

わかってますよ
わかってるんですよ

そうは言っても、いろいろ着るのが嫌なんですよ
(わたしの過去生はだいたい半裸の人が多いんだけど、それも納得だよ)

冬は寒いから着るけど、夏は暑いから着たくないんだよ
いろいろ塗りたくったりするのも嫌なんだよね

なので、(ずぼらな)わたしが紫外線対策できないことを正当化するための
紫外線の人体にとっての役割をここであえてお伝えしたい

紫外線は体内にビタミンDを生成しています

ビタミンDの働き
ビタミンDが不足すると小腸や腎臓からのカルシウム吸収が不十分となり、骨や歯の形成もうまくいかなくなり、赤ちゃんや子どもではくる病、成人では骨軟化症を引きおこすといわれています。日本でも骨粗しょう症の人が増えています。若いうちから、ビタミンDとカルシウムを十分にとることに加え、適度な日光浴と運動に配慮して丈夫な骨をつくりましょう。

丈夫な骨のためにはビタミンDが必要なんです。
サプリとか飲んでないで、さらっと日光浴すればいいんです。
夏なら15分~30分くらいだそうです
皮膚の強さなどにもよるからご自分で判断してね
わたしは丈夫なんで好きなだけ浴びたい

他にも太陽の光には、うつや認知症の予防に効果があるとか、筋力をアップするとか、心疾患の予防に効果があるとか、免疫力を上げるとかいろいろな素晴らしい効果もあると言われてます。

雨が続いてたりして、久しぶりに晴れたりすると外に出たくなりませんか?

朝、きれいに晴れていたらカーテンをバッと開けて、太陽の光を浴びたくなりませんか?

わたしはそういうのって、ヒトの野生というか身体が求めていることだと思うんですよね

逆に太陽の光を浴びすぎると疲れちゃうし。。。

いつも言ってるけど、自分のカラダと相談です

今日も帽子をかぶって、日よけのアームカバーを付けたりつけなかったりで

自転車に乗って、適度に紫外線を浴びてます

ヨガマット背負って疾走してたら、それは多分わたしです

100%「悪」と決めつけず、地球上のすべてのものと共存していくつもりで

まーるく生きましょう♡

少人数ヨガレッスン 岐阜・大垣
Yoga Space Kuu ヨガスペース空
【サロン営業時間】 9:30~21:30 不定休
ご予約、お問い合わせは
友だち追加
LINE@:ID:@sxk7673m
こちら
または メール:info@yogaspacekuu.com
電話:090-9824-0831
(施術中、レッスン中は電話に出られませんのでご了承ください メッセージを残していただくか、メールかLINEにてご連絡ください。)

 










ABOUTこの記事をかいた人

Noriko

ヨガインストラクター ナチュラリスト・ライフスタイルアドバイザー ゆとりあるストレスフリーな生き方を望む方へ ココロとカラダをゆるめてバランスを整えてワンランク上のゆるハピライフへ導きます