ヨガで怪我をしないために 受ける側ができること

ついこの前も書きましたが、今朝もまたニュースで取り上げられていたのでまた書きますよ

このニュースにも出てくる先生は、ヨガインストラクターにアンケートを取ったそうで、
自分のレッスンで怪我人を出したことのある人というのが、最近とっても増えているそうなんです。
その中で、怪我の原因を聞いてみると、「自身の知識がなかったため」という人が多いんだそうですよ!
5年前にはなかったことらしいので、やっぱり知識のないインストラクターが増えてるってことですね。

というわけで、この先生(写真の右上の方)は理学療法士でもあるので、インストラクターのための教室を開いているそうです。とても良いことだと思います。
人の体をちょっとでも触るんですからね、やはり知識はたくさんあったほうがいいです。
ヒトの体はそれぞれなので、自分に当てはまることが当てはまらない人というのはたくさんいるものです。

インストラクターの養成講座もたくさんあるので、受講したい方は内容をよく調べましょう。わたしの通っていたスクールは、整体の学校でもあったので解剖学や病理学から心理学までいろんな講座がありました。全部必須。
操体法とかも習いましたよ!

そしてレッスンを受ける側のあなたができることは、どんなヨガなのか一度レッスンを受けてみることです。
そこで、自分の体(体力、目的)に合っているのか、先生との相性もあると思うので、確かめましょう。

件の先生は、「ヨガでは非日常的な格好(首に足をかけたり!)をするので怪我をしやすい」とおっしゃってましたが、そもそもKuuのヨガは非日常的なポーズもしませんのでまずケガはしないと思います。

わたしのモットーというか、わたしの好きなヨガは、日常の延長であることです。
健康を保つためのヨガは、日々の生活の中でもちょいと取り入れられるような、簡単なことであるべきなんです。
よっこいしょと思い腰を上げなければならないようなことではないんです。
思い立ったらその場で。
マットがなくても、スーツ着てても。

経絡に刺激を入れて、丹田に集中するヨガは、実はねじり過ぎても効かないんです。
だから、柔らかければいいというものでもないんですよ。
気が流れることが大事。それが目的です。
体を動かす前と比べて、緩んでいるかどうか。
それは誰とも比べられません。
自分の感覚でしかないので、研ぎ澄まして、自分に集中することが大事。

Kuuでやっているヨガは、全部がこういうヨガなので、ケガをするとういうことが考えにくいんですよねー。

健康のためにやるんですよね?
簡単なこと、それを「続けること」が一番大切です♡

ゆるーくゆるーく、楽しく続けていきましょう!!!

ヨガ・ハーブテント
岐阜・大垣 Yoga Space Kuu

【サロン営業時間】 9:30~21:30 日曜定休
ご予約、お問い合わせはこちら
または
メール:info@yogaspacekuu.com
LINE@:ID:@sxk7673m
友だち追加
電話:090-9824-0831
住所:岐阜県大垣市藤江町2-42-2
(施術中、レッスン中は電話に出られませんのでご了承ください
メッセージを残していただくか、メールかLINEにてご連絡ください。)










ABOUTこの記事をかいた人

Noriko

ヨガインストラクター ナチュラリスト・ライフスタイルアドバイザー ゆとりあるストレスフリーな生き方を望む方へ ココロとカラダをゆるめてバランスを整えてワンランク上のゆるハピライフへ導きます