常識を疑え!身体を治すのは医療ではなく自然治癒力

先日、EMのさやちゃん主催の
田中佳(たなかよしみ)先生健康座談会『医療の本質と裏側&自然治癒力をあげる生活』に参加してきました。

田中佳先生は、脳神経外科医ですが、
いろいろあって医療の真実に気づいてしまった先生です。

ホメオパシーの学校にも通っていらっしゃいます。
詳しくはリンク先をご覧くださいね
http://midbrain1701.wixsite.com/capybara

去年の5月の「経皮毒」の座談会にも参加したのですが、
とってもお茶目で、身振り手振り小芝居ありの講演がわかりやすく
めちゃくちゃ楽しいのですよ♪
すっかりファンです♡

先生のお話を聞いていて、
わたしたちが当たり前だと思っていることは
やっぱりちょっと疑ってみることが大事で、
自分で調べること、勉強して知ることが
大事だなと改めて思いました。

初めて先生に出会う数ヶ月前に、
胃ガンで父を亡くしています。

父が癌の宣告を受けてから、病院に行って先生のお話を聞いたり、
家族で話し合ったりしたけれども、
ガンになってから、
慌てて治療方法や医療について勉強しているようでは
自信をもって判断できないんですよね。

もっと日頃から自分の体のことや、
治療について知ることが必要だと感じていたので、
佳先生のお話を聞いたり、
本を読めたことはとてもよかったです。

父のガンのもっと前に知っていたら
手術をしないという選択もできたかもしれないけど
やはり自分の命に関わることは
本人が納得してないとダメだからねー

レッスン中にもよくお話ししますが、
ガンに限らず、どんな病気でも
ある日突然病名がつくような状態になるわけではないんだよね

そこに至るまでの、生活すべてが原因

父はきっと自分は運が悪いと思っていたんです
だから、患部を切れば元に戻るとでも思っていたと思います。

人は食べたものからできているし、
カラダはただの入れ物で、動かしているのはココロだから
生活のすべて、生き方が原因なんですよ。

そして、医療は身体を治さない。
ただ、対処をするのみで、
実際に治すのは
自然治癒力
なのです。

だから、治ろうと思ったら、
自然治癒力をあげる生活をするより他にないってこと。

これがいいって聞いたから食べるとか、
これがいいからやってみる
とかいうレベルではなく、
生きかたを変える
くらいの革命を起こすことが必要だと先生はおっしゃられました

今のカラダの状態は、これまでの生活の結果なのだから

小さいお子様をお持ちので、
予防接種についてお悩みの方は
一度、佳先生のお話を聞いてみることをオススメします!

先生によると、ワクチンは良いか悪いかではなく、
「打ちたいか、打ちたくないか」だそうです。

うちの子たちが小さい頃は、
ワクチンに対する知識が
わたしに全くなかったので
言われた通りに接種してました。
幸い、丈夫なのでなんともなく
幼少期のワクチンオンパレードを乗り切りました。

(今はもっと増えてますよね!!!)

インフルエンザワクチンは、
医者は毎年打ちましょうと言われますが、
打ってもかかるとか、じつは予防効果がない
という話をたくさん聞いたり目にしたりするようになり
うちの子は丈夫だからインフルエンザにかかってもいいわと
小学生になったくらいから接種してません。
娘は小学生の時に2回、息子は少6の時に一度だけ罹患。中学3年間は皆出席。
休んだのはインフルエンザによる学級閉鎖の時だけです
そして、かかった翌年はとても元気です
ちなみに私は44年の人生で、1回しかインフルエンザにかかっておりません。

で、

自然治癒力をあげる生活っていっても、
そんで実際どうすればいいのーーー?

という話は長くなったのでまた次回に!!

ヨガも自然治癒力を上げます♡

わたしのヨガセラピー体験セッションへの予約はこちらまたはinfo@yogaspacekuu.comまで

プライベートヨガ・ハーブテント
岐阜・大垣 Yoga & Healing Space Kuu

【サロン営業時間】 9:30~21:30 不定休
ご予約、お問い合わせはこちら
または
メール:info@yogaspacekuu.com
LINE@:ID:@sxk7673m
友だち追加
電話:090-9824-0831
(施術中、レッスン中は電話に出られませんのでご了承ください
メッセージを残していただくか、メールかLINEにてご連絡ください。)










ABOUTこの記事をかいた人

Noriko

ヨガインストラクター ナチュラリスト・ライフスタイルアドバイザー ゆとりあるストレスフリーな生き方を望む方へ ココロとカラダをゆるめてバランスを整えてワンランク上のゆるハピライフへ導きます